日帰りスキーなら早起きで。

日帰りスキーといえば関越道が便利です。

もちろん、長野新幹線や上越新幹線も便利ですが、今回は車に限らせて頂きます。

今年、最も指示を集めたAll About情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

スキー日和の快晴の予報を確認したら、日帰りスキーのご用意を。

日帰りで車となれば、ウェアと板さえあれば何とかなります。

気軽に手ぶらで何てのもありです。只、小物、帽子や手袋は、揃えておきましょう。

ともかく早く寝て翌日に備えましょう。


当日は、早起きして午前6時前に関越道へ。その時間はとてもスムーズで快適な運転です。

日帰りスキー情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

7時を過ぎると明るくなりますが、一部ノロノロ運転に。

滑り出すまでがスムーズですと、1日がスムーズでお休みストレスゼロの1日が過ごせます。車中で小腹を満たして、赤城サービスエリアまで頑張りましょう。

せっかくなので、日本三大うどんの一つ水沢うどんで朝ご飯。

舞茸天婦羅もはずせません。

日帰りスキーの満足度は、朝にかかってます。

早起きは三文の徳。

冬の快晴の朝ほど気持ちの良い朝はありません。

早め、早めがコツです。わかっているけど、中々できないその気持ちもよくわかります。



しかし、1度試せば、1日の快適さが忘れられず、時間があればゆったり雪景色を楽しんで深夜の帰宅も日帰りスキーならではのお得感が得られます。


さて、行き先はどうしましょう?関越道では、頑張れば新潟までも行けますが、群馬も良いです。

日帰り温泉、うどんストリート、野生の猿もちらほら見えたり。


コースをとるか、近さをとるか、行き帰りの寄り道の楽しさもあなた次第です。