スキーバスの昔と今の違い

スキーに行く場合にはスキー場までスキーバスを利用する人が増えています。


このスキーバスは最近に始まったことではなく、結構古くからありました。

日帰りスキーに関する情報が満載のサイトです。

たとえば、今から30年以上まえにもスキーバスはあったのです。
当時は今ほど高速道路が発達していなかったため下道を通ることが多く、ずいぶん目的地までは時間がかかっていました。

エキサイトニュースが今、話題になっています。

ところが現在は高速道路が発達したため昔に比べると高速化を実現することができています。たとえば、都心部から3時間以内に到着できることが増えています。

最近のスキーバスの特徴は高速化もさることながら、料金の安さも目立ってきています。



これは、高速道路が発達したことで多くの旅行会社がスキーやスノーボードの客用にバスを運用することが多くなったのです。

さらに、参入規制もなくなったことからさらにスキーバスを運行する会社が増えています。

それに伴いいくつか問題もありますが、格安でスキー場に行ける高速バスのメリットは大きく、金曜日から土曜日発のバスは満席になっていることもあります。


安さが魅力な一方で、高級路線のバスも増えて来ています。
安さを追求すると、バスのグレードやサービスを落とさざるを得ません。


たとえば、今までは3列シートだったところを4列シートに変えることで輸送量を2割ほどアップさせることができたのですが、中には安さよりも快適性を好む人もいます。

快適性を好む人のために多少はお金が高くなりますが、ゆったりとした室内で移動することができるようになったのです。