知らなければ損をするスキーバスのメリットデメリット

スキーやスノーボードへ行く場合にインターネットで検索すると嫌でもスキーバスツアーのサイトに行き当たるはずです。

それもそのはず、今やスキーやスノボといえば格安が当たり前でしかも多くの会社がスキーバスツアーを組んでいるという現状があります。



では、スキーバスツアーのメリットは何でしょうか。一番のメリットは価格が安いことです。

この価格の安さは個人で自動車を利用してスキー場まで行くことと比較をするとわかり安いです。
特に日帰りスキーであれば出費の多くは交通費、とりわけ高速代になりますが、自動車でスキー場と自宅の往復に8000円かかるとすればスキーバスは500円程度で往復できると考えて良いでしょう。

もちろん、自動車に複数人が乗車すれば一人頭の金額は安くなりますが、4,5人程度乗車したとしてもバスの安さにはかなわないのです。

ちなみに、スキーバスは普通乗用車のおよそ2倍の高速料金がかかりますが、30人ぐらいが乗車するため割安になるという計算です。

日帰りスキーの情報といえばココです。

一方で、バス二位はデメリットもあります。

安さを徹底することでいくらか快適性を犠牲にしているのです。その一つが居住空間の狭さです。
いくら大型バスとは言え電車と比較すると空間に余裕がありません。

大型バスの横幅の限界は2.5メートル、これに対して電車の幅はおよそ3メートルと50センチも違います。

日本経済新聞をさらに詳しく調べてみませんか。

さらに新幹線になるとおよそ3.4メートルもあり、バスと比較すると1メートルぐらいの幅の違いがあるのです。